関西地区最大規模の情報豊かな当社のWebサイトのトラストゴルフ ゴルフ会員権はコスモゴルフにお任せください。 カネニ総業株式会社

  • 三重県四日市市安島1-4-16 フリーダイヤル: 0120-117-522
全国のゴルフ場ニュース

茨城県の最新ニュース(10件)を掲載

茨城県 【2021/04/02】 金乃台カントリークラブ
太平洋クラブが経営権取得
㈱太平洋クラブは、2021年5月1日付で、日鉄日新ビジネスサービス㈱より「金乃台カントリークラブ」の経営権を取得する運びとなりました。
今後の経営は㈱太平洋クラブが行いますが、太平洋クラブ共通会員制の枠組みとは別に独立して運営を行う模様。
茨城県 【2020/11/27】 静ヒルズカントリークラブ
年会費改定のお知らせ
【改定時期】
令和3年1月1日(令和3年度分)より
【年会費】
■正会員 50,000円 → 65,000円(税別)
■平日会員 30,000円 → 39,000円(税別)
■週日会員 20,000円 → 26,000円(税別)
茨城県 【2020/11/27】 静ヒルズカントリークラブ
年会費改定のお知らせ
【改定時期】
令和3年1月1日(令和3年度分)より
【年会費】
■正会員 50,000円 → 65,000円(税別)
■週日会員 20,000円 → 26,000円(税別)
茨城県 【2020/11/02】 石岡ゴルフ倶楽部
PGMグループ入り(株式譲渡契約)
PGMグループは、アコーディア・ネクストゴルフグループの「石岡ゴルフ俱楽部」(経営会社:㈱アコーディアAH02)を取得し、PGMグループのゴルフ場として2020年12月より運営を開始します。
2020年10月30日付で、現経営会社のネクストゴルフマネジメント㈱の全株式を、事業を会社分割により継承して新設するゴルフプロパティーズ1㈱に譲り渡される株式譲渡契約が締結されました。
茨城県 【2020/10/01】 金乃台カントリークラブ
名義書換停止のお知らせ
【書換停止期間】
2020年10月2日 ~ 時期不明
【停止理由】
同倶楽部にて経営方針を検討している為。
茨城県 【2020/09/28】 大利根カントリークラブ
名義書換料一部改定のお知らせ
2020年9月27日開催の理事会において、名義書換料(会員登録料)と入会預託金の一部改定を決定しました。
【実施時期】
2020年10月1日 ~
【料金改定内容】
※正会員に変更はございません。
■平日会員
1.会員登録料
縁故:3,000,000円
一般:3,500,000円 → 2,000,000円(税別)
2.入会預託金
現行:1,000,000円 → 無料(なし)
※平日会員から個人正会員への乗換えは、会員登録料 1,500,000円(税別)と入会預託金 1,000,000円(非課税)が掛かります。
■週日会員
1.会員登録料
1,500,000円 → 1,000,000円(税別)
2.入会預託金
現行: 3.500,000円 → 無料(なし)
※生前贈与・相続、法人内名変は、会員登録料 500,000円(税別)
茨城県 【2020/08/27】 グランドスラムカントリークラブ
年会費改定のお知らせ
年会費を以下の通り改定いたします。
【改定時期】
2021年1月1日 ~(会計年度: 1 ~ 12月)
【年会費】
■正会員 28,000円 → 30,000円(税別)
茨城県 【2020/08/11】 静ヒルズカントリークラブ
入会条件一部変更のお知らせ
入会条件の一部を下記のとおり変更しました。
【変更前】
1. 20歳以上の者
2. JGA加盟クラブに1ヶ所以上在籍している者
3. 平成3年法律77号に定める団体に所属又は係わりがないこと
【変更後】
1. 年齢18歳以上の者に変更
2. 他クラブ在籍条件を廃止を撤廃。
3. 暴力団構成員及び準構成員並びにこれらに関係する個人又は法人でないこと
※法律77号の解釈を分かりやすく表記
茨城県 【2020/08/11】 宍戸ヒルズカントリークラブ
入会条件一部変更のお知らせ
入会条件の一部を下記のとおり変更しました。
【変更前】
1. 20歳以上の者
2. JGA加盟クラブに1ヶ所以上在籍している者
3. 平成3年法律77号に定める団体に所属又は係わりがないこと
【変更後】
1. 年齢18歳以上の者に変更
2. 他クラブ在籍条件を廃止を撤廃。
3. 暴力団構成員及び準構成員並びにこれらに関係する個人又は法人でないこと
※法律77号の解釈を分かりやすく表記
茨城県 【2020/06/10】 フレンドシップカントリークラブ
名義書換停止のお知らせ
【停止期間】
2020年7月1日 ~ 未定
【停止理由】
欠員補充募集の終了とそれに伴う会員整備、会員に向けたサービス向上のため。
※法人内名変、相続・贈与による書換は継続して実施。