関西地区最大規模の情報豊かな当社のWebサイトのトラストゴルフ ゴルフ会員権はコスモゴルフにお任せください。 カネニ総業株式会社

  • 三重県四日市市安島1-4-16 フリーダイヤル: 0120-117-522
全国のゴルフ場ニュース

富山県の最新ニュース(10件)を掲載

富山県 【2019/12/10】 富山カントリークラブ
民事再生法申請のお知らせ
「富山カントリークラブ」を経営する㈱富山ゴルフは、2019年12月6日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請した。同CCは昭和45年開場。
近年は預託金償還問題で厳しい経営を余儀なくされていた。負債は約34億9800万円。
富山県 【2017/12/30】 観音ゴルフクラブ
ゴルフ場を閉鎖しました。
今年末を以ってゴルフ場を閉鎖いたしました。
富山県 【2017/07/03】 花尾カントリークラブ
自主再建型の再生計画案が成立しました。
民事再生計画案を決議する債権者集会が6月28日に開かれ、賛成多数で計画案が可決。
同日、東京地裁から認可決定を受けました。
計画案は、償還問題の解決と会員のプレー権を保護することが目的。
決議結果は出席債権者数1457名中で1394名が賛成で、再生法の可決要件を満たした。
富山県 【2017/05/22】 花尾カントリークラブ
自主再建型の再生計画案を会員に配布
平成29年1月13日に民事再生法の適用を申請した福岡観光開発(株)は、債権者(会員を含む)へ再生計画案を配布しました。
計画案以下の通り
①自主再建型
※償還問題の解決と会員のプレー権を確保することを目的とした計画案
②預託金の98%をカットして残り2%弁済する。
※全会員は会員権を返還、その上で、退会届を提出した会員へは2%を10年間の均等分割で弁済。
年会費の未納があれば減額となる。
退会届を提出していない会員へは、2%を新預託金(10年据置)とした会員権(新保証金預託証書)を発行する。
③第1回目の弁済日は計画案の認可決定確定の日から3ヶ月経過した日の月末
決議する債権者集会は、6月28日に開催予定(6月16日締切の書面投票と併用)

富山県 【2017/01/20】 花尾カントリークラブ
再生法の適用申請
福岡観光開発㈱「花尾カントリークラブ」(富山県高岡市福岡町花尾5、代表市山久一氏)は、1月13日に東京地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日監督命令を受けた。
申請代理人は増田薫則弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-28、シティ法律事務所、電話03-3580-0123)ほか2名。
監督委員には岡正晶弁護士(東京都千代田区大手町1-7-2、梶谷綜合法律事務所、電話03-5542-1453)が選任されている。
営業段階での赤字計上を余儀なくされていた。このようななか複数の預託金返還訴訟が提起されたことで、預託金返還の目途が立たなくなったことから、自主再建を断念し、今回の措置となった。
負債は2016年9月末時点で約49億5900万円。
なお、「花尾カントリークラブ」は平常どおり営業を継続中。
富山県 【2016/03/04】 高岡カントリー倶楽部
民事再生法の適用を申請
御坊山観光開発㈱「高岡カントリー倶楽部」(富山県高岡市中田御坊山876、代表圓酒清人氏)は、
3月4日に東京地方地裁へ民事再生法の適用を申請し、同日保全命令を受けた。
申請代理人は服部弘志弁護士(東京都港区虎ノ門1-1-28、シティ法律事務所)他。
現在はJASDAQ上場の㈱タカギセイコーの持分法適用関連会社。
3月5日からも通常通り営業を続け、債権者や会員への説明会を3月10日に開く予定。
富山県 【2016/01/19】 高岡カントリー倶楽部
破産手続開始決定でゴルフ場閉鎖
八ヶ岳高原ゴルフ(株)は、平成27年12月16日に東京地裁より破産手続開始決定を受け平成27年12月を以って営業を終了し、ゴルフ場は閉鎖しています。
富山県 【2012/12/20】 大山カメリアカントリークラブ
破産手続き開始決定受ける
大山開発株式会社[富山市東福沢130、代表池森武宣氏]は、12月19日に富山地裁へ自己破産を申請し、同日破産手続き開始決定を受けた。
申請代理人は中原健夫弁護士[東京都千代田区麹町2-3、電話03-3221-9873]、他2名。
破産管財人は島谷武志弁護士[富山市西田地方町1-6-8、電話076-422-8585]。
負債額約101億円。
富山県 【2012/11/28】 太閤山カントリークラブ
民事再生法の適用を申請
太閤山観光株式会社[資本金1億円 代表者 亀谷俊雄氏]は、11月27日に富山地裁へ民事再生法の適用を申請しました。
申請代理人は服部弘志弁護士[東京都港区虎ノ門1-13-3、電話03-3580-0123]ほか3名。
負債は約157億9000万円。
富山県 【2012/09/14】 八尾カントリークラブ
名義書換を再開いたしました。
平成23年12月5日に民事再生法を適用し、スポンサー支援型の再生計画案が可決した同クラブは、名義書換手続を平成24年9月10日より再開しました。
【名義変更料】
■正会員 1,050,000円(消費税込み)
■平日会員 525,000円(消費税込み)
■同一法人内 210,000円(消費税込み)
■贈与・相続 105,000円(消費税込み)
※三親等以内
【年会費】
■正会員 25,200円
■平日会員 12,600円